2012年03月29日

勝てる先生(先輩)に教わっても勝てない理由

今日のテーマは

勝てる先生(先輩)に教わっても勝てない理由

とかにしましょうか。



なぜ、これが最初か

というのに特に理由はないですが、

あえて言えば、ここが最後の壁だからです。

先生に指導してもらって、先生を信じてやるけど

全然先生の言うこととシンクロしない。

じゃあ先生を変える?

変えました。

でもおんなじことが起こりました。

もうどこへ行けばいいか分かりません。



はい。



とても良く分かります。

先生の選び方は単に


「あんな表現がしてみたい」

「あんなステップをつけてもらいたい」



は正解ですが、



「あんなふうに踊りたい」

「あんな動きがしてみたい」



で選ぶのは危険です。



必ずしもそれがあなたの技術の上達に結びつかないからです。

重要なポイントは



あなたが、

・理論で納得するタイプ
・真似てできるタイプ

で変わってきます。



でも注意してください。

・理論で理解したい
・真似て覚えるのが好き

では無いことです。


あなたの好みで選んでも、全く見当違いの森へ迷い込むことになります。

でもそこはもう分かっています。

あなたは間違いなく

「理論で納得するタイプ」

ですから。

だって、こんなメルマガに登録するくらいですからね。

このメルマガはそういったフィルタリングをかけた上で

発行しています。



では、

自分が「理論で納得するタイプ」ということ認識した上でお話しを聞いてください。


続きは次回で。


のん太

メルマガはこちら
http://melma.com/backnumber_193473/
posted by のん太 at 09:14| Comment(0) | 上達法 | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

超シンプル競技ダンス上達法

はじめまして、のん太と申します。

このメルマガではタイトル通り競技ダンスの上達法について

書いていきます。

他にもプロダンサーの競技会を見ての感想なども書いていきます。

しかもラテンです。

超マニアックジャンルですが、気になる方は気になる内容だと思います。

どうぞよろしくお願いします。



さて、私は何者かといいますと、

ただの元アマチュアダンサーです。

特段凄い成績でもありません。

なので、当然ながら、

第1線の技術をお伝えできるわけでもありません。



・・・じゃあ何でこんなのかいてるの?



という話になりますが、

特に初心者から、「ある程度踊れるまでのスキル」までって

結構長い道のりだったりするわけです。

結構悩むわけです。

当然、喧嘩も絶えないわけですよね。



ずーと現役の頃から感じていたのですが、

「ある程度踊れるまでのスキル」が一番難しいのに

先生は全然教えられていないということなんです。

教えられない理由もちゃんとあります。

あくまで僕の考えですが・・・



それはさておき



あなたはちゃんと先生の言うことを心底理解できていますか?

自分の課題が本当に分かっていますか?

分かっていたら、もしかしたらこのメルマガはあんまり役に立たないかも知れまん。

でも、ちょっとでも悩んでいたら、ヒントぐらいにはなるかもしれません



当の僕は先生の言うことが、4-5年位、全く理解できませんでした。

理解できないというのは、

日本語として理解できないという意味ではなく

体の使い方が自分に浸透してこないという意味です。

リードとフォローなんてさっぱり分かりません。


今はもちろん分かるようになりました。

だから、こんなの夜な夜な書いているんですね。。。



まあ、追々その辺のコンテンツに関しては追加していこうと思います。

学生の方、アマチュアで成績が上がらない方など

読んでくれたら少しは役立つかもです。

本日は長くなりましたので、この辺で、

また、メールします。





posted by のん太 at 01:17| Comment(0) | 上達法 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。